安心いちばんおおいた産農産物認証制度の廃止について

平素より安全安心な農産物管理についてご理解、ご協力いただきお礼申し上げます。

さて、「安心いちばんおおいた産農産物認証制度」については、県産農産物における安全性の確保及び環境保全型農業の推進を目的として平成27年度に創設され、現在多くの方々にご利用いただいており、本制度の取組を通じて、農産物生産における安全対策の認識が生産者や消費者の皆様に広がっております。

一方、近年消費者並びに販売業者が求める農産物の安全・安心のレベルが高まりつつあり、それに伴いJGAP等のGAP認証取得数が増加しており、より高いレベルでの安全・安心に関する取組事例が増加傾向にあります。

このように、創設当初と比べ情勢が大きく変化していることをふまえ、県としてもより高いレベルでの安全安心な取組を推進するため、国際的に通用するJGAP等の認証取得を強化していくこととしました。

これに伴い、「安心いちばんおおいた産農産物認証制度」については、下記のとおり平成32年度をもって廃止することといたしました。

本認証を取得されている生産者の皆様、制度の運営にご協力いただいてる皆様にはご理解いただくとともに、農産物生産における安全対策についてのますますのご理解、ご協力をお願いいたします。

ご不明な点があれば、大分県地域農業振興課もしくは最寄りの県振興局までお問い合わせください(連絡先はこちらをご確認ください)。

安心いちばんおおいた産農産物認証制度の廃止日
  平成33年3月31日

  • ・継続及び新規認証申請については平成33年3月31日まで受け付けます。
  • ・認証マークは、制度廃止日以降、利用出来なくなるのでご注意ください。ただし、認証取得作型の出荷期間が平成33年4月以降にまたがる場合、その作型の出荷が終了するまでの使用は認めるものとします。

認証農家の検索

認証マーク付ラベルに記載されたナンバーを入れて検索すると、農産物の生産者プロフィールを見ることができます。